記事一覧

自分の、料理人履歴 書いてみたら、いろんな事思い出すわ

このブログ、料理人アラフィフ、と題してるから
料理人履歴書みたいなもん書いてもいいかなと
ふと考えたので書いてみました。
自分史みたいなものですね。

自分の、料理人履歴 書いてみたら、いろんな事思い出すわ。
思い出しが多いので何回かに分けて書いてみます。




実家がお好み焼き屋してたんですね。
よく手伝わされた?か、好んでやってたか、
忘れましたけど。
小学生の頃にキャベツの千切りしてました。
母子家庭だったので、
中学生の頃には兄と妹のご飯も作ったりして。

でも、グレちゃた、
中学出て、親戚のおじさんが店長している
喫茶店で、住み込みで働く事になり。
包丁が、そこそこ使えるので
将来有望みたいな感じだった。

喫茶店でもいろんなメニューがあって
全て手作りでした。
でも一年もいると全部できるようになって
トンズラしちゃたわ。

それからは東京に出てみたり、地方にいったり
東名高速道路のパーキングエリアに
伊豆離島の夏の海のアルバイト、
冬は長野でスキー場のアルバイトなんかもした。
全部調理の仕事でね。

やっぱり包丁使えるのって採用されるって痛感した。
ちょと自信もあったし、
何処いっても、君は教え甲斐があるって言ってくれた。

でも、
地元に帰れば、仲間と悪遊びの毎日。





19歳くらいになって
このままじゃ イカン!
20歳のときに、職安で(現在のハローワーク)
寿司と和食の仕出し屋さん紹介してもらった。
にわか一通りは、(握り、巻き、魚下す)
できるようになって辞めちゃった。

で、そこで知り合った方に、
調理師紹介所 (いわゆる部屋)を
紹介してもらいました。

そして、日本料理店に入る事になります。
そこの料理長は、総理大臣賞を受賞している方、、、
どんな凄い人なんだろうか? やってけんのかな。
不安だらけ、なんせ20歳、
和食料理人としてスタートが遅い!
いくら包丁を使えるといっても
まだかつら剥きが、上手くはできませんでしたから。
まぁ、持ち前の、
”なんとかなるっしょ” の考えかたでした。


12.3人ほどいる調理場だったんですが、
二番手、三番手の方、
20歳の僕と、さほど変わらない年齢の人が
3人ほどいて、
寿司職人さんが二人、寿司カウンターも
あったんですね、
水槽で魚泳いでたり、貝の水槽もありました。

ここのお店に決めたのは、
和食オンリーだけでなく、
カウンター席に水槽もあって
生きた魚を触って捌きたいや、
もう一回にわか仕込みじゃなく、
ちゃんと、和食もちゃんと覚えたい、
そんなふうに思ったからでした。

それにしても今から考えればよく働いた。
どれだれ暇な季節でも最低拘束時間
12時間以上、忙しい季節はもう、
仕事⇄寝る、以外何も出来ない毎日
若かったんだろうな、頑張れた。






思い出しながら書いてたらあっと言う間に
1時間過ぎてました。
ブログって、思い出しながら書いたら
ぼけ防止になるかも知れませんね

続きまた明日、んじゃねー

50前の人生の振り返り   
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ

スポンサーリンク

プロフィール

源さん

Author:源さん

バツイチの ”料理人アラフィフ”
精神病と身体障害のダブル手帳が自慢?
娘一人と、わんちゃん3匹で
人生もう一度やり直していきます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ

Twitter

たまに通販してます

  

ブログランキング

いろんなが人います